読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイクアップアドバイスお茶会、します!

メイク

今回は知り合いのみの募集ですが

「 超初心者向けメイクアップアドバイス付き」

のお茶会を、うっかり開くことになりました。

友達相手に、

楽しくメイクのアドバイスしてたら、

いろんなことのタイミングが合って、

なんだか自然に、開くことに、、、。

流れに乗るってこういうことー??

 

f:id:epicureanlife5050:20161219032848j:plain

 

 友達との会話にヒントが

昼休みのメイクの雑談から

昨日はビジネス塾の日だった。

朝から、ビジネステクニックのお勉強。

 

お昼休みのレストランの待ち時間に、

友達のファンデーションの色について、

何気なく相談に乗りました。

「なんか顔が白くなるの。

ファンデーションの色が合ってないのかな?」

 でも、聞いてたら、「ソレジャナイ」!

チークをつけたほうがいい、とアドバイス。

 

で、講座の部屋に戻ってから、

強引に私のチークを塗りました。

わかりやすいように、最初は右側だけ。

この状態で、顔の左右を比べてみて、

「ほんとだ。違う!」

「でしょー?だから、

まずチークを買ったほうがいいと思うよ。」

で、左側も塗って、眉を描いて、

リップグロスを塗って、完了。

 

友達のアドバイス を経て

友達は、

「こういう基本的なところでつまづいてる人、

いっぱいいると思うよ。」

と、言ってくれたのだ。

「そっかー。メイク初心者なら、

私もアドバイスできるのかー!」

と、目からウロコ。

だって、私が当然だと思っていることに、

「えー、そうなのー?知らなかった!」

と、言われてしまうのだ。

 

で、私がメイクをしている周りで、

ちくさん(塾講師)が、

動画を撮っていたけど、

あまり気にしていなかった。

 

お茶会を「やらざるを得ない」感じに、、、

午後からのビジネス講座で、

「初心者にメイクを教えるお茶会」

を提案してみると、

「ええー、私も行きたい!」

と、みんなに言ってもらえた。

(塾生は女ばかり)

 

そして、無情にも(笑)講師の先生が、

さっきの動画を素早く編集して、

投稿してしまったのだ、、、!

女性講師の先生

「さあ、これで逃げられませんよ。

ちくさんのフェイスブックのお友達は

1000人くらいいますからねー。

諦めてください。」

ギャーーーー!

怖いから、隠れていたかったのに!

 

知ってる人が相手ならやりたい!

 年末、塾の同期が私の家に遊びにくる。

じゃあそこで、

ついでに他の塾生にも来てもらって、

お茶会すればいじゃないか!

希望者には、

メイクのアドバイスもすればいいじゃないか! 

知ってる人ばっかりなら、 人見知りの私でも、

怖くないじゃないか!(後ろ向きだな。笑)

 

あとは募集するだけ

何が怖いって、、、

今日になって、

友達と会う日程の相談をしていたら、

友達の方から、「他の人も誘う?」

と、切り出してくれた。

「うん、誘おう!で、よかったら、

メイクのアドバイス会もしたいんだけど」

と、提案したら、

「私もメイクの話聞きたい!」

と、言ってくれたので、

早速、ビジネス塾の塾生対象に募集。

 

すでに一人参加者はいるし、

お金はどうせもらわないし、

知ってる人相手の募集だし、

すごく気楽。

楽しく募集の投稿ができた。

 

ってことは、私は、

募集しても、誰も来ないことが怖い

自分にお金を払ってもらえる価値があるとは思えない

知らない人に評価されるのが怖い

と思ってるらしい。

 

初心者のくせに、どんだけ自惚れてるんだ!(笑)

 

世間に向かって募集したら、

誰も来るわけないんだから!(笑)

心配すんなって!(笑)

 

そんなわけで、内輪だけど、お茶会します

ありがたいことに、今のところは二人、

参加が決まっている。

楽しい会になりそう!

私もとても楽しみです。

結果はまた、ブログに書きます。